歯のトラブル再発 歯髄炎は死ぬほど痛いぞ

日記

このブログのメインコンテンツであった親知らず抜歯が済んでしまったことを申し訳なく思ったのか、私の歯たちは次のネタを作ってくれた。もちろんありがた迷惑である。

というわけで今度は「歯髄炎」というやつにかかってしまった。
右下の一番奥。以前治療を完了していた部分なのだが、虫歯が深く、神経にかなり近い位置までほじくり返していた歯だ。こいつが冷たい水でしみるようになり、いつもの知覚過敏かな~そうであって欲しいな~、などと思っているうちに症状が悪化し、黙っていてもたまに痛みが出るようになってしまった。

それで意を決して歯医者にいったところ、レントゲンを撮っても虫歯が進行している様子は見られない。軽度の歯周病で歯の周囲が若干溶けているということで、本当に知覚過敏かもしれない、という流れになり、しみ止めの薬を塗ってもらい様子を見ることになった。歯周病対策ということで、次の週に歯石除去の予約まで入れた。この時は「虫歯じゃなくてよかったな」などと胸をなでおろしたのだが、このとき先延ばしにしたのがいけなかった。

その後は症状が治まるどころか痛みは強くなる一方。我慢できなくなって、歯石除去の予約を治療に変えてもらった。

治療の当日、急患扱いとなってしまったため別の先生にあたったが、これまでの経緯と薬を塗ったが痛みが無くならないことを話すと「歯髄炎」の疑いがあると言われた。歯の神経が炎症を起こして充血し化膿している状態で、ほとんどの場合治ることはないらしい……。

それでもう神経を抜いてしまうことになったのだが、そこからが大変だった。当日そのまま処置に入ったのだが、急患扱いのために他の患者の治療の合間に処置してもらう感じで、いちいち待たされる。それだけでも不安で嫌だったのだが、麻酔を打って被せてたる銀歯を外しにかかる段階でさらに大変なことに気がつく。

麻酔が効かないのだ。

炎症がひどすぎると麻酔が効きにくい。これば親知らず抜歯の時にも聞いた話だ。もちろん完全に全く効いてないわけじゃない。だから銀歯を外すくらいならば我慢できる痛みだったが、これから神経を直接ほじくり出そうというのだ。到底耐えられないと思った。

先生は「成人男性は5本までは麻酔打っても大丈夫と言われていますから」などと言いながら麻酔を追加してくれたが、3本打ってもあまり効かない。これは今回は無理だろうということで、日を改める方が良いという結論になった。仮のセメントを被せて炎症のピークが過ぎるのを待つことに。

……というのが1週間前の話だが、痛みは引かない。……というか、前回削った刺激のせいか、削る前よりもかなり痛みが強くなっている。一時はそれこそ悶えるような痛みがあった。

その痛みが収まってきたかな?と思いきや、糸ようじのちょっとした刺激で歯が欠け、セメントの一部も同時にかけてしまった。そのせいだと思うが、また新たに別種の痛みが出てきてしまった。昨晩もズキズキという痛みで深夜に目を覚まして鎮痛剤を飲むことになった。

そして現在に至る、のだが、今日は歯医者は休患日である。明日、また急患扱いででも押しかけて様子を見てもらわねばなるまい。

親知らずの騒動で、歯のトラブルはひと段落したと思っていたのだが……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました